2014/12/15

クライアント型ゲーム 初のマイナス成長に

中国の「2014年第3四半期(7-9月)中国クライアント型ゲーム市場季度監測」によれば、市場規模は140.88億元で、前期に比べ1.0%増加したものの、前年同期では初めて1.0%の減少となった。

今期は夏休みがあったことから、前期比では小幅ながらプラス成長となった。しかし前年同期比では初めてマイナス成長となり、市場全体が今後縮小していくことは避けられないようだ。中国のクライアント型ゲーム市場は10年に渡る急速な成長を終え、現在はすでに成熟期に入っている。大手ゲーム会社はどこもモバイルゲームに注力しており、ゲーム開発に関わる人材もモバイルゲーム領域に集中しているため、クライアント型ゲームはすでに斜陽分野となっている。

141117 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング

※詳しくはこちらのURLから詳細な図表がご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/11/17/14q3clientgase.html

コメントを投稿