2015/02/22

■日曜コラム■ブリッジコーディネーターを有効活用<続・通訳を使うテクニック -10->

頻繁に中国出張がある場合、出張先での通訳をひとり決めておくことをお勧めします。信頼できる通訳が見つかれば、できる限り同じ人物に依頼するほうがよいでしょう。あなたのビジネスを知り、あなたの会社の事情を知り、繰り返し担当することになって経験を積み、より協力な「戦力」、力強い「味方」になるはずです。

ブリッジコーディネーターとは基本的には「通訳者」を指し、通訳だけでなく現地でのスケジュールアレンジ、事前の情報収集、場合によっては予備折衝まで、現地でのさまざまな業務を任せることができる担当者です。現地でこうした仕事が依頼できる通訳を「ブリッジコーディネーター」と呼んでいます。

「同一地域の出張には現地で氏名通訳を・・・」というのが私の持論です。このとき指名通訳を「ブリッジコーディネーター」として有効活用することをお勧めしています。これは通訳を雇う日本側の意識の問題です。単なる言葉の置き換えだけの通訳を探すのではなく、現地で業務の一部を任せる(委託する)ことを前提に通訳者を探しを考えるのです。

もちろんそのためには通訳費用に加えて若干の予算枠を事前に準備する必要がありますが、業務の効率を考えた場合、担当者が出張を繰り返すよりも現地で「ブリッジコーディネーター」を有効に活用したほうがより効果的であるはずです。

「ブリッジコーディネーター」とは次のように定義付けることができます。「通訳としの能力に加えて、異文化理解のスキルがあり、折衝能力があり、幅広いネットワークを持つこと。通訳としてだけではなく、事前の情報収集や下調べ、現地でのアポ取り、担当者が帰国した後のフォローまで任せられるコーディネーター」です。

「ブリッジコーディネーター」とは私が作った造語ですが、現地で頼りになるビジネスパートナーです。単に通訳として仕事を依頼するのではなく、さまざまな活用方法(業務の委託)を考えてみてはいかがでしょうか。

つまり、通訳者に現地での業務の一部アウトソーシングすることです。言い換えれば、現地で臨時のスタッフを一定期間採用したと考えてください。費用的には(委託する業務の内容にもよりますが)、日本で採用する新入社員1か月分のお給料程度、これが必要のがひとつの目安です。業務の難易度、緊急性、業務に必要な拘束時間の長短などの条件にもよります。

目安としてはおよそ15万円~20万円(日本円)が相場と考えたらよいでしょう。高いと考えるか、安いと考えるかは、プロジェクトの重要度と費用対効果の問題ですが、仮に日本からスタッフを現地に派遣してこの業務に当たらせるとしたら、どのくらいのコストがかかるか? 信頼できるコーディネーターに業務を委託したほうが費用対効果は高いのではないでしょうか?

「ブリッジコーディネーター」とは出張期間中の通訳だけでなく、帰国後も一定期間業務を委託できる現地採用の準社員と考えてもよいでしょう。帰国後のフォローや再出張時の事前準備なども継続的に依頼することができます。

実際に、「ブリッジコーディネーター」の自宅住所に現地でビジネスフォローをするための臨時事務所を置いて活動しているケースや担当者が現地に出張するとき、ホテルの予約、移動の車の手配、お客様との会食の手配(レストランの予約)から招待者への連絡までブリッジコーディネーターに任せるといったケースもあります。

また、ブリッジコーディネーター宛にサンプルを送って預けておき、問い合わせ先にサンプルの郵送を頼んだり、必要に応じてブリッジコーディネーターを取引先に行かせて製品説明を代行させたりといった事例もあります。

また、現地視察や展示会へ出展する場合、ポスターや配布物などのツール作り(現地での印刷手配)、出展の準備や必要な備品の購入、会期中に通訳サポートの手配(アルバイトのビラまきやブースでの接客通訳)、会期後には収集した名刺の入力やお礼状の準備(中国語)と発送など、こうした業務を現地のブリッジコーディネーターに任せるといったケースもあります。


■日曜コラム■担当:ASIA-NET代表 吉村 章
--------------------------------------------------
Bridging people, business and culture in Asia

◆Yahoo! JAPAN ビジネスニュースにてコラムを執筆中
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoshimuraakira/

◆中国ビジネス「シリーズ3部作」
>「中国人とうまくつきあう実践テクニック」
>「知っておくと必ずビジネスに役立つ中国人の面子(メンツ)」
>「すぐに使える中国人との実践交渉術」
http://www.crosscosmos.com

http://www.asia-net.biz/books.html

コメントを投稿