2017/04/03

■ChipSiP■ウェアラブルグラス「SiME」の2016モデルを出展

昨年に引き続きウェアラブルグラスを出展。製品名は「SiME」、年々改良が続いている自社開発のウェアラブルグラスだ。最新モデルではグラス右の機構部分が小型化され、見た目にもはっきりわかる洗練されたデザインになった。2015年モデルに比べると映像が映るモニター部分が大きくなり、若干見やすくなった。2015モデルの眼鏡タイプから、2016モデルは後ろから頭に挟んで装着するタイプになったことも大きな変更点である。
写真35のように操作部がカメラのリモコンのような形状となり小型化された。帽子やヘルメットに装着しやすい形状に変更されたものと思われる。実際、ブースでパソコンを使った説明では、自動車修理で働く人、台車を使って工場内で作業をする人、警察官や消防士など、さまざまな用途で活用できることを説明していた。また、スカイダイビングで使われている事例や警察官が盗難車両をチェックする事例など、アプリケーションパートナーも増えつつあり、現場での使い勝手を製品開発にフィードバックしながら開発が進んでいるとの説明だった。年々改良が進んでいる「SiME」であるが、ブースで装着体験をした限りではもう一歩使い勝手がよくない。理由は、モニターの映像を見ながら作業をするには慣れが要ること、装着したときのフィット感に欠けること、何よりも操作性の点だろうか、ビジネスユースとして使うには更なる改良が求められる。一方、エンターテイメント用途で使うなら圧倒的に没入型のHMD(Head MountedDisplay)に軍配。もちろんVR(Virtual Reality/仮想現実)とAR(AugmentedReality/拡張現実)とでは単純に比較できないかもしれないが、オキュラス、バイブといったコンテンツは魅力的である。戦場の中に迷い込んだり、空を飛んだり、没入型だと素直にコンテンツの楽しさが体験できる。VRはハードウエアも、ソフトウエアもまだまだ黎明期である。今後、MR(Mixed
Reality/複合現実)の世界に向かって、「SiME」の開発がさらに進み、ますます進化していくことを期待したい。

◇ChipSiP Technology Co., Ltd.
鉅景科技股份有限公司
新北市中和区建一路186号8F-1
8F-1, No.186, Jian 1st Rd., Zhonghe District., New Taipei City 235, Taiwan
TEL:+886-2-8227-1799 FAX:+886-2-8227-1798
http://www.ChipSIP.com
E-mail: sales@ChipSiP.com

≫Computex2017&InnoVEX2017視察の現地視察
 グループでの視察/団体登録に関して
 展示会での製品探し(Computex面白グッツ探検隊)に関して
 通訳のアレンジ、現地での企業訪問の手配などは
 TCA東京事務所までお問い合わせください、
 ippc@tcatokyo.com

-----------------------------------------------------------------------------
◆Computex2017 & InnoVEX2017 開催概要
-----------------------------------------------------------------------------
*Computex2017とは製品調達及び海外におけるパートナー探しの展示会
*InnoVEX2017とはベンチャーが集まる「ピッチ」と「技術出展」のイベント
主 催:台北市コンピュータ協会(TCA)、台湾対外貿易発展協会(Taitra)
会 期:Computex2017 5月30日 (火曜日)~6月3日(土曜日) 5日間
     InnoVEX2017 5月30日 (火曜日)~6月1日(木曜日) 3日間
時 間:午前9時半~午後6時まで (ただし、最終日は午後4時まで)
会 場:台北世界貿易センター (信義区3会場)、南港ホール(南港地区)
InnoVEX2017 世界貿易センター第3ホール(信義区) 
出展規模:Computex 1,602社、5,009小間(2016年実績)
InnoVEXベンチャー企業217社(2016年実績)
ピッチエントリー企業102社/ファイナリスト25社/優勝賞金100万ドル
来場者・海外から登録者177の国と地域から40,969人(2016年実績)
-----------------------------------------------------------------------------

コメントを投稿