2017/07/25

Computex2017レポート<8>Computexの見かた

■初めてComputexを視察する人から、「確かに熱気はあったが、展示は期待したほどではなかった」、「出展製品や展示技術に最先端が感じられなかった」、「技術レベルがまだまだ低い。未完成の製品が多い」と言った感想を耳にすることがある。しかし、それはある意味においてComputexをきちんと見ていない人(見方を知らない人)の感想かもしれない。
未完成部分を補ってくれる協業パートナーを探すこと、または海外市場で協力して製品やサービスを展開していくための協業パートナーを探すことが出展の目的でもある。逆に見る側も製品の完成度だけを見るのではなく、協業を前提として自社の技術やソリューションとの接点を考えながら製品に目を向けたい。こういう視点を持つとComputexの「面白いモノ」が見えてくる。
出展する企業が狙うのはワールドワイドのビジネス展開である。出展企業が競い合うのは市場が必要としているモノを大量に、リーズナブルな価格で、世界中に売りさばくことである。これがComputexの最大の特長であり、Computexの本質であると言ってもいいだろう。Computex2018の基本情報はTCA東京事務所と検索の上、ウェブサイトにて。
市場のニーズを早く察知し、開発のスピードを競い合い、低価格で大量に供給する。Computexとは最先端のトレンドを見るための展示会ではなく、半歩先の市場動向を探るための展示会と言える。Computexの面白さはここにある。

来年のComputex2018会期は2018年6月5日(火)から9日(金)までの5日間です。来年に向けてComputex事前勉強会を隔月で実施中。事前勉強会、Computex2018視察及び出展にご興味がある方はTCA東京事務所まで、電話またはe-mailにてお問い合わせください。
------------------------------------------------
■Computex2018 & InnoVEX2018 開催概要
------------------------------------------------
≫Computex2018とは製品調達及び海外におけるパートナー探しの展示会
≫InnoVEX2018とはベンチャーが集まる「ピッチ」と「技術出展」のイベント
http://www.computex.biz/computextaipei/2018/
主 催:台北市コンピュータ協会(TCA)、台湾対外貿易発展協会(Taitra)
会 期:Computex2018 6月5日 (火)~6月9日(土) 5日間
InnoVEX2018 6月6日 (水)~6月7日(金) 3日間
時 間:午前9時半~午後6時まで (ただし、最終日は午後4時まで)
会 場:台北世界貿易センター (信義区3会場)、南港ホール(南港地区)
InnoVEX2018 世界貿易センター第3ホール(信義区) 
出展規模:Computex 1,600社、5,010小間(2017年実績)
InnoVEXベンチャー企業272社(2017年実績)
ピッチエントリー企業100社/セミファイナリスト28社/ファイナル8社、優勝賞金100万ドル
海外からのバイヤー登録者167の国と地域から41,378人(2017年実績)

■Computex2018視察/出展に関してはこちらのサイトをご覧ください。

http://www.tcatokyo.com/Computex01.html

コメントを投稿