2018/02/02

日台パートナーシップ強化セミナー:日台企業連携による第三国市場開拓の可能性

日本にとって台湾は歴史・文化的な関係が強く、ビジネスにおいても相互補完関係にある重要なパートナーです。貿易面では日本にとって台湾は第4位の相手であり、投資面においても近年日本への台湾企業による大型案件が話題になる等、台湾企業の存在感が高まっています。

世界市場が成長する過程において、日台企業は日本や台湾においてはもとより、中国など第三国での日台ビジネス連携も進めてきました。2016年に誕生した台湾の蔡英文政権は、この第三国連携の主軸を東南アジアやインドといった国・地域に拡大する「新南向政策」を推進しています。東南アジアは日本がかねてより積極的にビジネス展開してきた地域でもあります。同地域での日台双方の更なるビジネス拡大、またビジネスの立ち上げのため、日台企業のパートナーシップ強化に期待が高まっています。

今回のセミナーでは、日台企業の第三国連携の可能性をご紹介すると共に、台湾側のASEANにおけるサポートメニューをご案内します。多数の方のご参加をお待ちしています。
日時: 2018年2月9日(金曜) 14時00分~17時00分(受付開始:13時30分)

場所:ジェトロ本部 5階 展示場(港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
内容:
・主催者挨拶
・特別講演「日台企業の第三国連携への期待(仮)」
拓殖大学 学事顧問 渡辺 利夫 氏
・講演1.「アジア進出日系企業の経営実態と日台連携の可能性」
ジェトロ海外調査部主査 加藤 康二 
・講演2.「日台企業の第三国市場開拓に関する可能性調査」
三菱総合研究所(調整中)
・講演3.「ASEANにおける日台企業連携」サポート事業について
台湾貿易センター 市場拓展処 石 丹 氏
・質疑応答・ネットワーキング
主催・共催: ジェトロ、台湾貿易センター(TAITRA)、交易財団法人日本台湾交流協会
後援 : 経済部貿易局、経済文化代表処(予定)、中小企業基盤整備機構(予定)
参加費 無料
定員 150名(先着順)※定員に達した場合のみご連絡します
使用言語: 日本語

https://www.jetro.go.jp/events/ora/a63961e496106b4c.html

コメントを投稿