2018/04/04

Computex2017レポート<5>Computexを3つの切り口で見る

■大手ベンダーを中心とした最新の製品トレンドを見たい場合は南港ホールの4階、IoT分野の技術とアプリケーションは第1ホールのSmarTEXエリア、ベンチャー企業の技術力や新しいビジネスモデルなら第3ホールのInnoVEX、3つの切り口で見るとそれぞれ違ったComputexが見えてくる。

■バイヤーの視点でComputexを見た場合、もし、製品の買い付けが目的であれば南港ホール(一部第1ホール)である。BtoB、BtoC、BtoBtoCなど、完成度の高い最新モデルが並ぶ。PCやタブレットなど情報端末から周辺機器やパーツ・コンポーネンツまで、バイヤーのニーズを満たす幅広い製品が揃っている。出展する企業側も製品の販売や海外の代理店探しが目的だ。Computex2018の基本情報はTCA東京事務所と検索の上、ウェブサイトにて。

■もし、IoTやAI、ロボティクスなどのユニークな製品やサービスを探すなら第1ホールのSmarTEXエリアである。Computexが最もComputexらしいエリアで、「Computexで何か面白いモノはありませんか」という質問に、筆者は迷わず「まずSmarTEXエリアを見てください」と答える。
中には製品の完成度は低いケースもある。しかし、完成度の高い製品を出展するのではなく、むしろ協業パートナーや製品の共同開発パートナーを探している企業が多い。言い換えると「こんなものを作ってみましたが(プロトタイプ)、誰かいっしょに完成度アップに向けた作り込みをしてくれる人いませんか」という姿勢。出展する側は技術提携パートナーやマーケティングパートナーなど協業パートナーを探す企業が多い。

レポートに掲載した内容に関して詳細はTCA東京事務所までお問い合わせください。(TEL:03-3299-8813) また、と検索の上、Computex2018関連のページにて。Computex2018 & InnoVEX 2018の視察及び出展に関してもTCA東京事務所まで、電話またはe-mailにてお問い合わせください。

------------------------------------------------
■Computex2018 & InnoVEX2018 開催概要
------------------------------------------------
≫Computex2018とは製品調達及び海外におけるパートナー探しの展示会
≫InnoVEX2018とはベンチャーが集まる「ピッチ」と「技術出展」のイベント
http://www.computex.biz/computextaipei/2018/
主 催:台北市コンピュータ協会(TCA)、台湾対外貿易発展協会(Taitra)
会 期:Computex2018 6月5日 (火)~6月9日(土) 5日間
InnoVEX2018 6月6日 (水)~6月8日(金) 3日間
時 間:午前9時半~午後6時まで (ただし、最終日は午後4時まで)
会 場:台北世界貿易センター (信義区3会場)、南港ホール(南港地区)
InnoVEX2018 世界貿易センター第3ホール(信義区) 
出展規模:Computex 1,600社、5,010小間(2017年実績)
InnoVEXベンチャー企業272社(2017年実績)
ピッチエントリー企業100社/セミファイナリスト28社/ファイナル8社、優勝賞金100万ドル
海外からのバイヤー登録者167の国と地域から41,378人(2017年実績)

■Computex & InnoVEX2018事前登録
 https://computex2018.accupass.com/Buyer/Step1

■Computex2018視察/出展に関してはこちらのサイトをご覧ください。

http://www.computex.biz/computextaipei/2018/

コメントを投稿