2018/05/29

2018年に全世界AIビジネス価値が1.2兆USDに達する COMPUTEXにAIoTベンダーエコーシステムを提供する

人工知能(AI)応用が話題になり,各領域の産業付加価値を生み出す、まだサービスのビジネスも期待出来ます。COMPUTEX TAIPEI共催者の台北市コンピュータ同業協会(TCA) からGartner 社(*1)のレポートにより2018年全世界AIビジネス価値が1.2兆USDに達する2017年6920億USDと比べて70%UPになり、更に2022年には3.9兆USDに高成長していく。Gartner 社がAIビジネス価値を三種類に仕分けした:顧客経験価値(Customer experience,CX)間接費用のの変更、製品とサービス営業額の増加、製品とサービスコストの減少。
COMPUTEXが世界中AIoTソルション最良のB2B仕入プラットフォーム
AIビジネス応用が急成長になり、IOT製品がハードウェアソフトウェア統合設計したもの、その資料をクラウドに送りAI分析した結果がサービスになり。その故AIサービスとIOT製品を結合するのトレンドがAIoT(人工知能IOT)と称する。
COMPUTEX展示会にはAIサーバー製品、Edge AI設備及びIoTソルションを提供を一括提供する、また、多数の製品がAmazon Web Service(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)及びMicrosoft Azure等々のクラウドサービスも支持する、まさにが世界中AIoTソルション最良のB2B仕入プラットフォームであります。
今回出展企業が華碩(ASUS)、微軟(Microsoft)、英特爾(Intel)、神達(MiTAC)、技嘉(GIGABYTE)、微星(MSI)、明基電通(BenQ)、雲達(QCT)、精英(ECS)、宏碁(Acer)、緯穎(Wiwynn)、瑞昱(Realtek)、威剛(ADATA)、威聯通(QNAP)、凌羣電腦(SYSCOM)等々のメーカーがCOMPUTEX展示会にAIサーバー製品、Edge AI設備及びAIビジネス応用ソルション及びAIロボットも出展します。
IOTソルション仕入支援COMPUTEXはSmarTEXエリアに集まり、内容は「人工知能及びビッグデータ」、「IOV車のインターネット」、「スマートウェアラブルとスポーツテクノロジー」、「スマートホーム&エンターテインメント」、「安全応用」、「スマートテクノロジーソルションを」等々六つの分野を展示します。それに台湾科技部国際産学連盟(MOST GLORIA)、工業局(IDB)台湾クラウドテーマ館(Taiwan Cloud Expo)、工業局(IDB)データ経済体験館(Data4Matching)、台湾スマート紡織産業協会(TSTA)四つテーマ館同時出展。

SmarTEXエリア出展企業は工業技術研究院(ITRI)、紡績産業総合研究院(TTRI)、科技部国際産学アライアンス(MOST GLORIA)、浩鑫(Shuttle)、義隆(ELAN)、鈺創(Etron)、聚陽實業(MAKALOT)、宏遠興業(Everest Textile)、南緯(Tex-Ray)、宜優科技(EQL)、滙嘉健康(Huijia)、奇偶科技(Geovision)、女媧創造(Nuwa Robotics)、亞旭(Askey)、研勤科技(PAPAGO)、大通電子(Trans Electric)、蒙恬科技(PenPower)、環隆科技(UMEC)、視達威(StarVedia)、邑錡(Brinno)、達碩(TASHI) 安鵬(Dino-Lite)、富欣(Full Enterprise Corp)、威臣(WINSTREAM)、網奕(HABOOK Information Technology Inc.)、正美(CymMetrik)、盛源精密(Rich Source Precision Industry Co., Ltd)等が六つの分野応用ソルションを展示します。
InnoVEXイノベーション企業展示会にもAIイノベーションソルションを提供する
AI領域がまだ新しい応用分野もたくさんの視点があります。InnoVEXイノベーション企業展示会には新創業者がAIイソルションを提案している、例え、盾心科技(Umbo Light)、DeepMentor、立普思(LEPSedge)、洞見未來(RelaJet)、鼎峰智能(Deep Force)、Snips、雲守護(Beseye)、智慧雲端科技(Smart Cloud)、Wandlee、creDa、盛星科技(Astra Cloud)、Labo等々の創業者チームが参加,垂直市場応用のAIソルションを提供する。領域は安全監視、ディープラーニング、涵蓋安全監控、深度學習、機械学習、3D視覺、オフライン顔認識、自然言語処理、売り場お客様数統計などの応用、また、お客様と提携してカスタマイズできる,カスタマイズ設計やAIエンジンのライセンス授権サービスを提供する。
2018年(COMPUTEX TAIPEI 2018)が6月5日から9日までに台北世界貿易センター (信義区3会場)、南港ホール(南港地区)四ケ所を同時に開催する、InnoVEX2018 は「Innovation Hub of ASIA」テーマに6月6日から8日世界貿易センター第3ホール(信義区)に開催する。
Source: Gartner Says Global Artificial Intelligence Business Value to Reach $1.2 Trillion in 2018
《COMPUTEX TAIPEIについて》
COMPUTEX TAIPEIは台北コンピュータ協会、施振榮( Stan Shih)理事長によって設立され、1985年に中華民国対外貿易協会(TITRA)を招き共同主催しました。 InnoVEXは、2016年に両協会により共催かれたイノベーション展示会であります。

http://www.computex.biz/computextaipei/2018/

コメントを投稿