2018/04/17

COMPUTEX TAIPEI 2018ものつくりIOT関連製品を満喫

アジア最大B2Bテクノロジー展示会- COMPUTEX TAIPEI 2018,今年は6月5日から台北にで開催する,共催者の台北市コンピュータ同業協会(TCA)は今日(4月17日)に発表した製造業Industry 4.0及び製造業IoT(ものつくりIOT)エコーシステムに必要性が急成長、あらゆる国のシステムインテグレーション企業(SI)、製造執行企業(MES)、エンタープライズリソースプランニングシステム(ERP)、製品ライフサイクルマネジメントシステム(PLM)、スマートファクトリーソリューションを可能にするために、さまざまな通信プロトコルを支援するため、備えた工業用IoTデバイスをサポートし、カスタマイズできるサービスを提供して、工場機器の自動制御および生産データ収集分析を提供します。
ResearchAndMarkets(* 1)の最新の調査報告によると、2023年には製造業の(Industry of Things)IOT市場は、業務効率を改善するための投資高が305.51億米ドルを見込みした。
2017年にはUS $ 165.27億に達し、2023年には350.51億米ドル、CAGRは13.15%に達すると予測した。 関連する仕入項目には、IoTハードウェアデバイス、ソフトウェアシステム、および製造管理サービスが含まれます。
同調査により、さまざまなセンシングデバイスを使用して生産ライン全体を監視し、サプライチェーンの効率を向上させるためにInternet of Things技術を使用し、人工知能、クラウドサービス、およびビッグデータ分析を使用して工場の製造能力を改善し、製品の欠陥率や生産コストを減少する。
COMPUTEX展示会にでTSC、iBASE、Yuan、LEX COMPUTECH、Jetway、Unitech、C&T Solution、Cincoze、MSI、Litemax、APLEX、Cervoz、Neousys、Jet One、Micromax、COMMELL、DFI、MCT、AEWIN、Acrosser社等など各種組込みシステム、産業用マザーボード、自動制御モジュール、産業用通信モジュール、産業用ディスプレイモジュール、産業用画像キャプチャモジュール、産業用メモリが展示される。
あらゆるものつくりIOTに関連する製品がシステムインテグレータ、エンタープライズソフトウェア、電気通信、クラウドサービスやその他のソリューションプロバイダ業界に多様化の要望に満足する商品が出展しています。
詳しい内容は公式ホームページをご覧ください。

https://show.computex.biz/2018/LatestNewsArchive.aspx

コメントを投稿