2018/04/24

ICT産業新市場を拓くにCOMPUTEX展示会の5G通信とブロックチェーンに注目

ICT応用が益々拡大最中COMPUTEX TAIPEI 2018共催者の台北市コンピュータ同業協会が(TCA)24日発表,世界ハイテク産業の向上に今年は5Gとブロックチェーンテーマエリアを増設,特別講演やフォーラムを開催し,更にInnoVEXイノベーション展示会にも繋がて関連企業の展示も行います。

COMPUTEXにでQualcommとEricsson社から新通信規格5G技術トレンドについて特別講演を行います;今回初出展IBM社がブロックチェーン技術について企業の視点から講演する。ブロックチェーン技術応用の多様化に発展様子については,特別にInnoVEXフォーラムにで,台湾IOTA基金会創立者David Sønstebøさんから分散元帳技術、(Distributed Ledger Technology,DLT)をデジタル社会や、Internet of Vehicle、分散式パワーグリッドシステムに効率よく情報交換サービスの応用について講演を行います。

5GやPre-5Gが設備と応用に多種多様な種光ファイバ通信設備と産業用スイッチが注目され,今年COMPUTEX展示会に,正文科技(Gemtek)、元通科技(Eten)、普萊德(PLANET)、威力工業網絡(ORing)、年益實業(Nien-Yi Industrial)、鼎志電子(Dintek)、康聯訊科技(CONNECTION TECHNOLOGY SYSTEMS)、至佳電子(All Best Electronics)等々の通信やネットワークメーカが,各種10G光ファイバ通信スイッチ、光ファイバ通信モジュール、光ファイバケーブル、産業用スイッチ、IOT用NB-IoT通訊モジュール、LoRa通訊モジュールの製品を出展する。

註1: ResearchAndMarkets - Global 5G Markets (2020-2025)

《COMPUTEX TAIPEIについて》
COMPUTEX TAIPEIは台北コンピュータ協会、施振榮( Stan Shih)理事長によって設立され、1985年に中華民国対外貿易協会(TITRA)を招き共同主催しました。 InnoVEXは、2016年に両協会により共催かれたイノベーションの展示会であります。
COMPUTEX TAIPEI事前登録はこのLINKです

https://computex2018.accupass.com/Home/Buyer

コメントを投稿