2018/05/02

IOTxブロックチェーン技術についてIOTA基金会がInnoVEXフォーラムにでTangleを語り

ICT応用が益々拡大最中COMPUTEX TAIPEI 2018共催者の台北市コンピュータ同業協会が(TCA)24日発表,ブロックチェーン技術応用の多様化に発展様子については,特別にInnoVEXフォーラムにで,IOTA基金会創立者Dominik Schienerさんから分散元帳技術、(Distributed Ledger Technology,DLT)Tangleが提供した高効率しかもデータトランザクションが改竄できない技術。そして、IOTやInternet of Vehicle、ID認証、スマートシティ及びM2M機械経済の実際応用例について講演を行います。企業に暗号化したブロックチェーン機能をIOT応用サービスに協力する。

様々なIOTサービスを増加してきたなか暗号化が要求されています。伝統的なブロックチェーン技術(例えBitcoin、Ethereum)など計算資源をかかるし、トランザクション速度のIOTに不具合がある。IOTA基金会では分散元帳Tangle技術を使用、非線形分散ネットワーク技術、データパッケージも小さくてIOTに相応しい、トランザクション時間短縮し、データ安全性を確保できる。いま欧州ではTangle技術が富士通、フローサーブ、ボッシュなど大手企業の支持を得る、今年一月に台北市市政府とMOUを結び、スマートシティ関連プロジェクトに使用。

2018年ブロックチェーンソルションに支払い金額は21億UDS 2021年
に97億UDSに上がり
IDC最新研究により,2018年全世界ブロックチェーンソルションに支払い金額は21億UDS,去年2017年の9億4500萬UDS支出額の成長立率が兩倍である,2021年に97億UDSと予測,2016 - 2021年複合成長率(CAGR)が81.2%に至る。IDC最新研究により企業がブロックチェーン及びDLT技術が業務と運営効率に役立つ。

ブロックチェーン技術に使用例によって,必要な設備や装置が異ないので,でもCOMPUTEX展示会に,各種使い道に必要な設備を備えてあります。例えクラウドサーバなら,技嘉(GIGABYTE)、華碩(ASUS)、微星(MSI)、神達(MITAC)、美超微(Super Micro Computer, Inc.) 、雲達(QCT)、緯穎(Wiwynn)、迎廣(InWin)、營邦(AIC) 、勤誠(Chenbro)等のマーカーがクラウドサーバ、クラウドサーバホストボード、クラウドサーバシャーシ等々提供してあります購買担当に便利な仕入れ出来ます。

そしてブロックチェーンソルションに必要なエッジコンピューティング(Edge Computing)には,廣積科技(ibase)、博來科技(LEX COMPUTECH)、捷波資訊(Jetway)、精聯電子(unitech)、智愛科技(C&T Solution)、德承(Cincoze)、微星科技(MSI)、維田科技(APLEX)、德宜科技(Cervoz)、宸曜科技(Neousys)、台灣肯懋電腦(TAIWAN COMMATE COMPUTER)、友通資訊(DFI)、其陽科技(AEWIN)、欣揚電腦(Acrosser)マーカーが各種計算機能を持ち産業用コンピュータとおよび組み込みシステム製品が出展してあります、しかもカスタマイズできる。

《COMPUTEX TAIPEIについて》
COMPUTEX TAIPEIは台北コンピュータ協会、施振榮( Stan Shih)理事長によって設立され、1985年に中華民国対外貿易協会(TITRA)を招き共同主催しました。 InnoVEXは、2016年に両協会により共催かれたイノベーション展示会であります。

InnoVEX展示会公式サイトはこちらをご覧ください。

https://innovex.computex.biz/

コメントを投稿