2018/05/07

InnoVEXと台湾科技部提携、イノベーションエコーシステム及び人工知能フォームを開催

「Innovation Hub of ASIA」(アジアイノベーションプラットフォーム)をテーマにInnoVEX展示会今年が
6月6日から8日までに台北信義エリア3号館で開催する。台北市コンピュータ同業協会により、スタートアップ企業が発展途上にたくさんの支援と協力が必要である、今回は台湾政府科技部(MOST)と提携、InnoVEXフォーラム6月6日午前に、イノベーションエコーシステムを主題に科技部(MOST)関連イノベーションプロジェクト、TTA(青年科技イノベーション基地)、TIEC(台湾イノベーション創業者センター)、TITAN(アジア.シリコンバレー連結計画)、FITI(イノベーションから創業に励み計画)、iCAN(研究開発成果を創業に研發成果創業加速と統合プロモーション計画)、TRUST-U(価値創出計画) 等々の,イノベーションエコーシステム創出関連テーマフォーラムを開催し、台湾科技部がスタートアップ企業創業支援体制と成果を語り。

今回フォーラムのポイントはスタートアップ企業とメディアとの付き合い方である。世界的なイノベーション関連メディアは米州Bloomberg, ヨーロッパFrench startup、アジアE27 Singapore 及び台湾Business Next等主幹メディアが参加,国際メディアと囲む、良い国際宣伝機会であります。

人工知能応用が話題に、台湾科技部がLORIA AIイノベーション応用とAIトレンド.フォーラム
今実際人工知能を研究する専門家はほどんと研究機構にいらしゃいますので、如何に人工知能技術テーマを実用化に、InnoVEXフォーラム6月6日午後に、台湾科技部が「国際産学アライアンス」(Global research & industry alliance,GLORIA)計画と提携してGLORIA AIイノベーション応用フォーラムに台湾大学、成功大学、交通大学及び台北医学大学が企画した、AIとIoT、スマートものつくり、医療など三つ視点から「AI is the driver for innovation」、「5 Best Practices To Get Started With Enterprise AI」及び「Innovative A.I. Application Practice」等のテーマ,国際的な有名企業や学術界、研究機関を要請し,参加した専門家は台湾大学情報工学科教授傅立成 氏、Intel人工知能チーフエンジニア Hanlin Tang、台灣 IBM 社クラウドコンピューティング部 許仲言部長、Microsoft Taiwan AI R&DセンターCEO張仁炯 氏、NVIDIA社アジア太平洋地域最高技術責任者 Simon See、noodle.ai 執行役員Mahesh Bhatia、国立成功大学国際産業教育連合会CEO陳勁初 氏、Hyperform Consulting 執行役員Andrew Batten、Taiwan Insilico Medicine CEO Artur Kadurin、台北医学大学医学科技学院院長 李友專 氏等の専門家,最先端の産業AI応用例とトレントを紹介してくれる,人工知能の応用発展について経験をシンポジウムで語り合う。



COMPUTEX TAIPEIについて

COMPUTEX TAIPEIは、台北コンピュータ学会Shi Zhenrongの会長によって設立され、名前が付けられました。1985年に外国貿易協会に招待され、共同主催しました。 InnoVEXは、2016年に2つの協会によって開かれた新展示会です。

詳しい InnoVEXフォーラム情報は公式サイトでご覧ください

https://innovex.computex.biz/2018/showRwd/programAgenda.aspx

コメントを投稿