2018/05/04

COMPUTEX TAIPEI展示会にSmarTEXがIOTソリューション仕入特区

COMPUTEX TAIPEI共催の台北市コンピュータ同業協会がVisiongain 研究レポートにより
M2M(Machine to Machine)、ビッグデータやクラウド技術の普及と共に、IOTの応用が異産業にで発展している。
コンシューマー電子製品、政府公共事業、交通システム、健康介護産業など幅広く応用されています。2018年に全世界IOT応用市場売上高が1兆3520億USDに予測されている。同レポートにより2018年にコンシューマー電子製品向けIOT市場売上高が4074億USDに、2028年には1兆9459億USDに上がり、2018から2028年のコンポジット成長率(CAGR)は16.9%と推移されています。

SmarTEXにはIOT+AIソリューション仕入特区がIOTビジネスを支援
IOT製品実際にはハードウェア+ソフトウェア統括したもの、人工知能(AI)サービスを組み合わてビジネスが成立と観測されて、AIクラウドサービスと結合が必要で、AIoT(人工知能IOT)と称する。
TCAがこの要望に応じてIOT+AIソリューションをCOMPUTEX展示会にでSmarTEX特区を提供した、内容は「人工知能とビッグデータ」、「Internet of Vehicles」、「スマートウェアとスポーツテクノロジー」、「スマートホームとエンターテインメント」、「セキュリティ応用」、「スマートテクノロジーソリューション」等六の応用領域をまとめました。

今回はSmarTEX特区には,技嘉(GIGABYTE)、義隆(ELAN)、浩鑫(SHUTTLE)、凌羣(SYSCOM GROUP)、工研院(ITRI)、精英(ECS)、神通(MiTAC)、鈺創( Etron)、網奕資訊(HABOOK Information)、宜優(EQL)、滙嘉(Huijia)、紡織所(TTRI)、聚陽(Makalot Industria)、天奕科技(Starwing)等どメーカがIOT+AIソリューションを出展、各領域の希望を答え、またバイヤーにカスタマイズ設計サービスも相談できます。

最近よく問い合わせのAI人工知能サーバーに関して,技嘉(GIGABYTE)はNVIDIA Tesla V100 NVLINKを支持、高効率サーバーが出展,そして関連サーバー製品がクラウドフレームを元ついてビジュアル作業プラットフォームを設置できる。技嘉(GIGABYTE)が最初から人工知能インフラ整備商品の研究に投入した、世界に少数NVIDIAの支援及びイノベーション技術ライセンス認証のTesla NVLINKサーバーのベンターであります。

凌羣(SYSCOM GROUP)社がサービスロボット時代に応用するにAyudaと言うロボットが警察や警備、金融機関サービス、医療情報サービス、教育サービスなどの領域に応用されています。

ウェアラブルには布の応用範囲が広がり、聚陽(Makalot Industria)社が布と心拍計(ECG)、筋電図(EMG)測定機能を結合,その測定結果がスポーツブレスレット より正確に図れし、健康やスポーツ管理サービスを一体化したソルションが出来ます。
AIOTについて神通(MiTAC)社がedge computing関連応用を出展、専用機器、データ分析、ストレージ管理及びミドルウェアの提供、全体的に図書館管理ソルションを提供できます。浩鑫(SHUTTLE)社が顔認識ソルションを出展します。

SmarTEX特区は既にオンライン情報を提供してあります、スマホで企業や製品情報を検索できます、ご来場前にはスマホで楽々情報ゲット。

《COMPUTEX TAIPEIについて》

COMPUTEX TAIPEIは、台北市コンピュータ同業協会 Stan Shih理事長によって設立され、名付けました。1985年にTAITRAを招き、共同主催しました。 InnoVEXは、2016年に両協会によって開催する新展示会です。
SmarTEX特区公式サイトはこちらへ

https://show.computex.biz/2018/SmarTEX-Overview.aspx

コメントを投稿