2018/05/11

変わるブロックチェーン技術応用! InnoVEXフォーラムにブロックチェーン非金融分野以外の応用

「Innovation Hub of ASIA」(アジアイノベーションプラットフォーム)をテーマにInnoVEX展示会今年が6月6日から8日までに台北信義エリア3号館で開催する。台北市コンピュータ同業協会により、ブロックチェーン技術が未来デジタル経済に重要な役割を演ずる。
MarketsandMarkets リサーチ報告により、ブロックチェーン技術応用分野が幅広く拡張している、例え、金融取引、契約書、文書管理、デジタルID、サプライチェーン管理、企業コンプライアンスとリスク管理などにもブロックチェーン技術が使用できる、メリットはコスト削減、トランザクション時間短縮、ビジネスプロセスの簡略化、取引変更できない確認のサービス、そして暗号化貨幣と仮想通貨の発行(Initial Coin Offering,ICO)、世界ブロックチェーン技術応用市場は2017年の4.115億USDから2020年には76.837USDに上回り,年平均成長率(CAGR)は79.6%である。
デジタル社会ビジネス新モデル、InnoVEXフォーラムに未来を変えるブロックチェーン技術応用
ブロックチェーン技術がビットコイン(bitcoin)相場の変動が激しいの特徴が投資者の目を引く、実はブロックチェーン技術は非金融分野やたくさんの応用ができる。
InnoVEXフォーラム三日目(6月8日)に「未来を変えるブロックチェーン技術応用」をテーマに、基調講演はBitmark共同創設者兼CEO Sean Moss-Pultzさん、KKFARM パートナー吳柏蒼さん、Health2Sync共同創業者兼CEO Ed Dengさんを要請、ブロックチェーン技術を音楽配信、ビジネス文書、ライセンス認証、医療資料、健康介護等の分野に導入できる。その資料の読み方や取引データが情報安全性が管理できる機能、デジタル社会ビジネスの新モデルであり、スタートアップ企業にビジネスチャンスを与え。
また、InnoVEXフォーラム二日目(6月7日)にIOTA基金会共同創設者Dominik Schienerさんが,「ブロックチェーン・分散型台帳技術」(Distributed Ledger Technology,DLT)について基調講演を行いIOTやIOV(Internet of Vehicles)、ID認証、スマートシティ及びM2M経済の応用例、スタートアップ企業新ビジネスモデルを生じる。

《InnoVEXフォーラム公式サイトをご覧ください》
https://innovex.computex.biz/2018/showRwd/programAgenda.aspx

コメントを投稿