2018/05/25

IOV市場が2025年に2192.1億UDSに達する、BMW社がInnoVEX展示会フォーラムにでスマート移動のトレンドを語り

「Innovation Hub of ASIA」(アジアイノベーションプラットフォーム)をテーマにInnoVEX展示会今年が6月6日から8日までに台北信義エリア3号館で開催する。 Research And Markets リサーチ報告により、(*1),2017年世界IOV市場が728.9億USD,2025年に2,192.1億USDに成長する, 2017 -~2025年平均成長率(CAGR)が14.8%に,その内訳はIOV、交通安全、自律運転、スマート輸送などハードウェア、ソフトウェアとサービスなどである。
BMW社と台湾総代理店Pan German Universal Motors Ltd.(PGUM)と提携してInnoVEX にで「Future Mobility未來のスマート移動」のトレンドを基調講演
未来の生活に移動と言う事は消費者にとってIOVだけでは物足りない。InnoVEX展示会に唯一自動車出展企業BMW台湾總代理(PGUM)社がドイツからBMWチーフUI/UX デザイナーDr. Mario Urbina Cazenaveさんから,「Future Mobility未來のスマート移動」をテーマにInnoVEXフォーラムにで基調講演を行います。内容はBMWのAutonomous(自律運転)、Connected (コネクテッド)、Electric(電気技術)、Shared(共有)四つのカテゴリで未来を探り,未来のスマート移動のシナリオにふさわしい機能を作り出す;そして車技術リーダーの視点から、5G、AI (人工知能)、IOVなど技術のトレンドを予測;なかにもBMW iDrive 7.0最新なユーザーインターフェース及び最新パーソナライゼーション機能を例に,自動車ドライバーUIの最新トレンド。
BMW台湾總代理(PGUM)社がInnoVEX期間に現場でBMW 新型i8ロードスターを出展しますBMWのコーア精神を見せます。
異なる領域の専門家ディスカッションにより新視点を見つけ
基調講演の後で各領域の専門家とBMW社チーフとデザイナーとディスカッションする,参加者が無線通信大手のQualcomm社、クラウドサービス ASUAクラウド、自律運転バスイノベーション企業7Starlake等,各領域の話し合いながら,Autonomous(自律運転)、Connected (コネクテッド)、Electric(電気技術)、Shared(共有)等未來移動ニーズに応じて新ソルションを見つけ出します。

Source: Connected Car Market by Service (Connected Services, Safety & Security, and Autonomous Driving), Form (Embedded, Tethered, and Integrated), Network (DSRC, and Cellular), End Market, Transponder, Hardware, and Region - Global Forecast to 2025

《COMPUTEX TAIPEIについて》
COMPUTEX TAIPEIは台北コンピュータ協会、施振榮( Stan Shih)理事長によって設立され、1985年に中華民国対外貿易協会(TITRA)を招き共同主催しました。 InnoVEXは、2016年に両協会により共催かれたイノベーション展示会であります。

https://innovex.computex.biz/2018/showRwd/pressReleaseDetails.aspx?newsId=115

コメントを投稿