2018/05/31

COMPUTEX展示会とInnoVEXイノベーション展示会が6月6日に開催 過去最高の出展規模を記録

COMPUTEX展示会とInnoVEXイノベーション展示会が6月6日に開催
過去最高の出展規模を記録
イノベーションB2Bビジネス交流プラドフォームを作り上げ

【2018年5月30日,台北訊】「Innovation Hub of ASIA」(アジアイノベーションプラットフォーム)を軸にしたコンピューテック(COMPUTEX)InnoVEXイノベーション展示会が,6月6日から8日までに台北信義エリア3号館で開催。共催者の台北市コンピュータ同業協会により、InnoVEX今年が第三年目に国際イノベーション創業者や投資者の支持、すてに21カ国3388組スタートアップチームが参加、去年と比べが四割成長した、過去最高の出展規模を記録した。,海外参加団体が40%を占めしてあります、参加国は台湾、カナダ、シンガポール、フィリピン、日本、アメリカ、オランダ、ベルギー、フランス、ポーランド、スペイン、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、香港、メキシコ、スウェーデン、オーストリア、ドイツ、サウジアラビア等21カ国及び地域のチームが参加、まさに最も国際的なノベーションプラットフォームであります。しかもアジア最大規模の創業、投資、展示会、ハイテック企業のB2Bビジネスマチング展示会であります。今年は各国のバイヤーが一萬八千名が参加予定。

三日間のInnoVEXフォーラムは六つのテーマを60名以上の国際専門家が参加
フォーラムはイノベーション活動肝心なことである。この三日間のInnoVEXセンターステージ(Center Stage)フォーラムには、人工知能(AI)、ブロックチェーン(Blockchain)、未来のモビリティ(Future Mobility)、ゲーミング(Gaming)、スタートアップ創業エコーシステム(Startup Ecosystem)、女子創業(Women Entrepreneurship)等六つのテーマの基調講演を行い、創業者に新発展方向や戦略を参考になる。

InnoVEX初日フォーラムがTCAと台湾政府科技部Taiwan Tech Arena(簡稱TTA)と提携「起業ゲームがチェンジャー」(Entrepreneurial Game Changer)、オランダのLUMO LabsとアメリカのTechstarsなど有名アクセラレータが参加、一対一ファイヤーサイドチャット(Fireside chat)の形で異なる領域の結合と創業チャンスを交流。そして創業者と投資者の提携した完璧なエコーシステムを生成。また、創業者とメディアの関係を深めためにシンガポールのe27、此外,為協助新創廠商與媒體建立關係,也邀請新加坡e27、台湾ビジネスネックスト、アメリカBloomberg、及びイギリスBBCなど有名メディアから各国がイノベーシにつての視点などの情報共有、メディア気になる情報の要素。

AIテーマはTCAと台湾政府科技部「国際産業学術アライアンス」(Global research & industry alliance,GLORIA)をGLORIA A.I.イノベーシ応用を実行フォーム、AIとIoT、スマート生産
、医療、金融など四つの視点で「AI is the driver for innovation」、「Best Practices To Get Started With Enterprise AI」、「Innovative A.I. Application Practice」及「A.I. in Fintech」等のテーマ。参加者は台湾大学、Intelインテル、台湾IBM、マイクロソフト、NVIDIA、Appier、成功大学、台湾Networking Engineer、台北医科大学、政治大学など、産業と学術界のAI専門家を招き、AIを産業での応用例やトレンドを語り。

ブロックチェーンについて、IOTA基金会が,「ブロックチェーン・分散型台帳技術」(Distributed Ledger Technology,DLT)について基調講演を行いIOTやIOV(Internet of Vehicles)、ID認証、スマートシティ及びM2M経済の応用例。そてにBitmark、KKFARMとHealth2Syncブロックチェーン技術を音楽配信、ビジネス文書、ライセンス認証、医療資料、健康介護等の分野に導入するの基調講演を行い。
女性がテクノロジー領域の創業人数が増え続けている,如何に女性の特長を発揮する話題には。女性創業テーマ講師はGirls in Tech創設者兼CEO Andriana Gascoigne さんに、女性がテクノロジー創業時期に自身の特長を活かしプロフェッショナルの経験を共有してくれます。

世界的なイノベーショントレントを知るために、アメリカシリコンバレー有名ベンチャーキャピタル(Fenox Venture Capital)共同創設者及びCEOのアニス・ウッザマン(Anis Uzzaman)さん、日本Deloitte Tohmatsu Venture Support事業統括本部長斎藤祐馬さん、及びベルギーベンチャーキャピタル会社Imec.xpand創設者兼管理パートナーTom Vanhoutteさん が「イノベーションエコーシステム」最新のイノベーショントレントの観察について講演する。

BMW社台湾総代理店PGUMがInnoVEXと提携して「Future Mobility未來のスマート移動」を基調講演
未来の生活に移動と言う事は消費者にとってIOVだけでは物足りない。InnoVEX展示会に唯一自動車出展企業BMW台湾總代理(PGUM)社がドイツからBMWチーフUI/UX デザイナーDr. Mario Urbina Cazenaveさんから,「Future Mobility未來のスマート移動」をテーマにInnoVEXフォーラムにで基調講演を行います。内容はBMWのAutonomous(自律運転)、Connected (コネクテッド)、Electric(電気技術)、Shared(共有)四つのカテゴリで未来を探り,未来のスマート移動のシナリオにふさわしい機能を作り出す;そして車技術リーダーの視点から、5G、AI (人工知能)、IOVなど技術のトレンドを予測;そしてBMW iDrive 7.0最新なユーザーインターフェース及び最新パーソナライゼーション機能を例に,自動車ドライバーUIの最新トレンドを語り。
現場にもBMW 新型i8ロードスターを展示しますBMWのコーア精神を見せます。


《InnoVEXフォーラムリストをご覧ください。》https://innovex.computex.biz/2018/showRwd/programAgenda.aspx



イノベーシインキュベーター創業テーマ館が国際ベンチャーキャピタルの注目
イノベーション育成パビリオン(Taiwan Startup Springboard)、阿里巴巴台湾創業者ファンドパビリオン(Alibaba Taiwan Entrepreneurs Fund)、科技部青年テクノロジー創業者基地(Taiwan Tech Arena)、XR-EXPRESS TWパビリオン、林口スタートアップ博覧会@スタートアップテラス(Startup Exposition @ Startup Terrace)、桃園市青年創業館(TYC)、台北国際スタートアップタレントパビリオン(Global Startup Talents @ Taipei)、工業局IISCパビリオン(IDB IISC)等。また、オランダ、フランス、欧州連合など13カ国家館もイノベーション創業者交流のチャンスだ。
今年参加チームのソルションカテゴリー前五位は:モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ヘルスとバイオテクノロジー(Health & Biotech)、 AR/VR、ビッグデータとクラウドサービス(Big Data & Cloud)、これも市場性と当てはまります。

《InnoVEX参加者チームリストはこちらへ》 https://innovex.computex.biz/2018/showRwd/Exhibitors.aspx

InnoVEX PITCHコンテストトータル賞金は35萬USDになり
今年(2018)が主催者提供のInnoVEX PITCH Contest 3萬USDの賞金以外、デルタ電子株式会社(Delta Electronics, Inc.)が特別賞1萬USD、Nogle LimitedとMaxceed Capital Group共贊特別賞1萬USD,そして、台湾経済部中小企業処「Startup Terrace Award」特別賞6萬USD(最大5チーム),トータル賞金が35萬USDになりました。これらは6月7日にPi Stageで第二回コンテスト29チーム、から6月8日ごご二時半にCenter Stageの決勝戦に8チームが入選、最後に授賞式を行います、同時にPitchコンテストの録画と表彰式をTwitchでオンライン放送する、是非ご覧ください。

イノベーションとベンチャーキャピタルを一緒に募集、B2Bマッチングプラドフォーム
InnoVEXには国際創業者、インキュベーター、アクセラレータとCorporation Capital達をピーチコンテストとマッチング活動(例えInnoVEX Night)、が参加チームや投資者と交流の場を作り上げ、また、一対一商談方式で投資機会を与え。

イノベーション創業チームが提案したソルション(特にAI)、目標市場が企業であります。そこで、企業も参加対象にするため、InnoVEXは「2018 AI+ Solution Match 人工知能付加価値ビジネス応用マッチング会」を開催、テーマは「企業質問x人才答え」の形で企業に相応しいチームを発見できる。企業側は総計2,800萬元の賞金を提供する。この活動に参加有名企業は亞旭(Askey)、艾陽(IONT/LILIN)、光寶(LiteOn)、伊雲谷(eCloudvalley)、1111人力銀行(1111 Job Bank)、技嘉(GIGABYTE)、佳世達(Qisda)、凌羣(The SYSCOM Group)、新光保全(Taiwan Shin Kong Security)、新光産業保険(Shin Kong Fire & Marine Insurance)、遠通電收(Far Eastern Electronic Toll Collection)、精誠(SYSTEX)、碩網(Intumit)等が参加した。

台湾経済部中小企業処2019年InnoNEXT計画も同時開催、各種類イノベーション活動を開催
台湾イノベーションエコーシステムに新生代を導入するために、経済部中小企業処が企画したInnoNEXTプロジェクトは2018年度には「InnoNEXT青年CEO抜擢」及び「InnoNEXT Night」
で新生代イノベーション活動のスタート音を鳴らし。
InnoNEXT企画目標は「都市が展示会」、台北市の町を展示会場に変身、青年の力で実行する。
「青年CEO抜擢」活動は今年年明けから始めた、250名の青年を募集、抜擢大会で35名のリーダーを選出しトレーニングして、目標は「InnoNEXT 2019」には企画発想や企画をこれら新生代に実行する。今年は「林口イノベーションテラス」始動、台湾創作エネルギー溢れてバンドを招き出演する。音楽を都市に流し込んでいく。InnoNEXT Night- Indie Band ShowはInnoVEX初日夜(6月6日)19時から101ビルの噴水広場に開催。また、会期中6月8日、9日下午にイノベーション創業者達を招待して「林口イノベーションテラス」現地視察団を行います。「林口イノベーションテラス創業センター」の資源や実証実験の場を理解する。

《COMPUTEX TAIPEIについて》
COMPUTEX TAIPEIは台北コンピュータ協会、施振榮( Stan Shih)理事長によって設立され、1985年に中華民国対外貿易協会(TITRA)を招き共同主催しました。 InnoVEXは、2016年に両協会により共催かれたイノベーション展示会であります。

https://innovex.computex.biz/2018/showRwd/Exhibitors.aspx

コメントを投稿