2018/05/31

台湾科技部国際産学連盟とCOMPUTEXを連携パートナーを探しイノベーション・エコシステムを作る

台湾科技部国際産学連盟(GLORIA, Global Research & Industry Alliance)が6月5日から9日までCOMPUTEX展示会にで
15個アライアンスを集結して各連盟の特別領域、会員サービス、技術力を展示、内容は「バイオテクノロジー及び医療材料」、「光電&グリーンエネルギー」、「AI& IoT」、「スマート製造 & 機械」、「金融技術」、「新農業」など
六つの領域、そして会場にも技術マッチング会を行います。
台湾科技部部長陳良基氏により、今回出展がGLORIAのイメージをまとめした展示館であります。各連盟の先進技術とサービスを展示、COMPUTEX国際展示会にで優良パートナーを募集、国際と連携して台湾産業学術イノベーション・エコシステムを作る。

台湾科技部が2017年9月からGLORIAを推進して、すてに74社有名企業か加盟、業界から産学提携経費が2千萬元を超えました、産業に必要な人材は「金融技術」、「バイオテクノロジー医薬」、「半導体」、「スマート製造」など1,313名を育成した。今回は各連盟の先進技術とサービス内容を展示する、同時に17場の技術発表会を開催、各大学TOP技術団体が医療、エネルギー、AI、光電、金融技術、シルバーケア、農業、環境保護など最新技術を発表、興味を持ち企業を招き、現場で交流や商談する。

6月6日の午後13時に、信義区世界貿易センター1号館のGLORIAパビリオンに企業会員加盟式にリボンカットと署名式を開催します。 参加者は産官学代表者の他にIBM、Kneron、Microsoftなどの国際企業も出席、提携内容は産学連携、技術の繋がり、人材のマッチングなど、GLORIAは国内外の大企業を協力を歓迎の意を表す、共同に産業のワールドカップに挑戦することを宣言する。

AIはこれから台湾の技術発展に重要な機会です、国際産学連盟(GLORIA AI Innovation Application Forum)は6月6日午後14時30分に世界貿易センター3号館InnoVEXフォーラムにでGLORIA AIイノベーション応用フォーラムを開催。
台湾大学、成功大学、交通大学、台北医科大学、政治大学など5つの連盟から 「AIの新産業の推進力」、「企業AIを実現する5つ最良ソルション」、「AIの革新応用と実行」、「AIをFinTechでの応用」のテーマ、講師陣はIntel、Microsoft、NVIDIA、IBM、Appier、ImmerVision、Insilico、Graphen等AI代表企業。参加者はIT業界、国際バイヤー、ベンチャーキャピタル企業、テクノロジー新創業者、技術愛好家など来場して。AIをさまざまな分野の革新的な応用のトレンドについて話し合い。

先端技術領域をフォーカスして大学の研究と産業提携して国際トレンドに連結するのが連盟重要な目標。
GLORIAが現場の技術展示と会員サービスプロモーション、メディア発表会、国際会員サイン式、AI革新応用フォーラムなどの活動を通じて来場の企業にGLORIA具体的な内容以外、さらにGLORIAのブランドとサービスを国際へ推進する、台湾を国際に出るし、国際を台湾入ることを期待します。

https://innovex.computex.biz/2018/showRwd/programAgenda.aspx

コメントを投稿