2018/06/03

AI+IoT設計ソルションに企業がCOMPUTEX半導体及び先進技術エリアに群がり

COMPUTEX TAIPEI共催者の台北市コンピュータ同業協会(TCA) より、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)ソルションが多様化な発展に半導体がIOTに肝心な存在であります、COMPUTEX展示会は(台北国際会議センター,TICC)にで半導体主導企業を集まり半導体及び先進技術エリアにAI+IoT応用デザインソルションを展示する、参加企業は英特爾(Intel)、瑞昱(Realtek)、雲達(QCT)、緯穎(Wiwynn)、威聯通(QNAP)、仁寶(Compal)、訊舟(Edimax) 等々のメーカーは,COMPUTEX展示会にでIoTチップセット、AIサーバー用プロセッサ、AIクラウドサーバー、Edge AI用CPUチップ、IoT制御モジュール、Internet of Vehicle,IoV) モジュール及びIoT応用ソルション関連製品を展示します。
Intel社がCOMPUTEXメディア分析士会見にで、今年はクライアントコンピューティング(Client Computing)に集中して、人工知能(Artificial Intelligence) IOT及び第五世代通信応用、同時に視覚機能(Visual Inference)及びニューラルネットワークを最適化のOpenVINO Toolkitを提供する、メーカーがIOT応用開発にクライアントからクライアントまでには全部コンピュータ視覚機能及びディープラーニング機能が使える。 
今回参加代表企業は英特爾(Intel)、瑞昱(Realtek)、雲達(QCT)、緯穎(Wiwynn)、威聯通(QNAP)、仁寶(Compal)、訊舟(Edimax) 等大手企業が都將在COMPUTEXにIoTチップセット、AIサーバー用プロセッサ、AIクラウドサーバー、Edge AI用プロセッサ、IoT制御モジュール、IOV(Internet of Vehicle,IoV) 制御モジュールとIoT応用ソルションを展示します。
2018年(COMPUTEX TAIPEI 2018)が6月5日から9日までに台北世界貿易センター (信義区3会場)、南港ホール(南港地区)四ケ所を同時に開催する、InnoVEX2018 は「Innovation Hub of ASIA」テーマに6月6日から8日世界貿易センター第3ホール(信義区)に開催する。
台北国際会議センター展示エリア時間は6月5日から6月8日。
《COMPUTEX TAIPEIについて》
COMPUTEX TAIPEIは台北コンピュータ協会、施振榮( Stan Shih)理事長によって設立され、1985年に中華民国対外貿易協会(TITRA)を招き共同主催しました。 InnoVEXは、2016年に両協会により共催かれたイノベーション展示会であります。

https://show.computex.biz/2018/

コメントを投稿