2019/05/29

InnoVEXフォーラム台湾科学技術部「GLORIA応用の革新創新国際フォーラム」は5月29日にスマート機器とバイオテクノロジー産業のニューホライズンを探り

InnoVEXフォーラム台湾科学技術部「GLORIA応用の革新創新国際フォーラム」は5月29日にスマート機器とバイオテクノロジー産業のニューホライズンを探り

COMPUTEX(台北 コンピューテックス)に同時開催のアジアのイノベーション展示会InnoVEXが、いよいよ5月29日から31日まで台北世界貿易センター1号館に開催します。 

共同主催者のTCA(台北コンピュータ協会)により、展示会はフォーラム、ピッチコンテスト、展示、技術デーモなどの方式で創業者とVC及び生産業界に交流の場を作り。 
InnoVEXフォーラムは国際級講師を招き基調講演をする、テーマはStartup Ecosystem、Sportstech、IoT、Smart Machinery、Biotech、人工知能 AI、Blockchainなど。 
スマート機器及びバイオテクノロジーに関する要望が期待されている。
TCAと台湾科学技術部を提携して「GLORIA応用の革新創新国際フォーラム」はInnoVEX開催初日(5月29日)午後に登場、スマート機器及びバイオテクノロジー産業のトレンドや新応用について講演します。
また、産業と学術界の提携により国際市場に繋がり、産業へ人材育成と革新に力を注ぐ。
 「GLORIA応用の革新創新国際フォーラム」は台湾科学技術部発足した大学や国際産業連盟(Global Research & Industry Alliance,GLORIA)、今回台湾成功大学、中央大学、台湾大学、交通大学等四校を集めて,スマート機器及びバイオテクノロジー分野について,「ものつくり工業4.1」、「ものつくりのトレンド、研究と事例」、「バイオテクノロジーイノベーションが我々の健康を改善している」、「スマート医療」等四つの主題であります。
 
「ものつくり工業4.1」は台湾半導体製作自動化の師匠―成功大学鄭芳田教授の基調講演、鄭芳田教授はアメリカに多数なAI特許権を持っています、その数は台湾トップであります。
彼のビジュアル測定技術応用により、半導体生産流れ遅れて問題を解決し、しかも生産良率
が零欠点に近づく工業4.0を工業4.1に持ち上げます。
台湾中央大学の鄭永斌副教授及び陳慶瀚副教授は光学自動検出システム及びAI機械視覚認識技術で生産ラインの統合応用技術。
 バイオテクノロジーフォーラムは台湾大学及び交通大学から担当、台湾大学医学院がバイオテクノロジー分野について深く研究しています。、今回のフォーラムではAI技術をバイオテクノロジーに応用して、さらに医療サービスと結合して。
医療データ分析、遺伝子測定、精密医療及びスマート病院などの分野に向けて医療サービスの質の向上を図り。
フォーラムの講師は台湾大学前学長楊泮池教授がホストとして、台湾大学医務部秘書長賴飛羆教授、台湾大学バイオ産業機電工程学科陳倩瑜教授、台湾大学遺伝子医学胡務亮教授,及び台湾大学病院内科部主任柯博升先生,登壇します。
人工知能技術をスマート病院に応用や遺伝子分析、病気検定、医療支援などの分析について講演します。 
台湾交通大学は電機学院伍紹勳教授は精密医療個人医療判定や予防医学の観察の見方。
それに遠東機械グループ副総経理蘇柏丞、百歐精密医療技術処処長宋俊瑩氏等からイノベーションチームたちやVC来場者に実証した経験やトレンドについて共有します。

GLORIA(Global Research & Industry Alliance)産学計画は台湾科学技術部2016年から設置して積極的に大学を支援して先端技術分野の研究や国際産学連携を推進しています。まだ、世界中テクノロジー快速の市場変化に人工知能技術とバイオテクノロジー分野のアドバンテージを本回のInnoVEXフォーラムでニューホライズンを発見しよう。 
台湾科学技術部GLORIA国際産学連盟(Global Research & Industry Alliance)今年は18個連盟同士を集結、5月28日から6月1日開催のコンピューテックス(COMPUTEX TAIPEI)展示会SmartTEXエリアにでGLORIAパビリオンを設置,各連盟成員の先端技術及びサービスを展示します。(場所:南港二号館4階,ブース番号:S0524)。

コメントを投稿