2019/05/21

斬新なデジタルエコノミーテクノロジー応用及びソリューションを見せる COMPUTEX Best Choice Awardが35受賞製品を公表

アジアICT産業指標となる専門展示会 - COMPUTEX TAIPEI(台北国際コンピュータショー)は、5月28日から6月1日まで台北で開催されます。共同主催者のTCA台北市コンピューター同業協会(Taipei Computer Association)今日5月21日にBest Choice Award 受賞製品の発表会及びCOMPUTEX / InnoVEX
展示会開会前の記者会見を行います。受賞製品は35点あります。受賞企業はASUS、MSI、Gigabyte、NVIDIA、Infineon、Realtek、ATEN 、ADATA、Gemteks、AVerMedia、Unitech、ELAN、Etron 、E Ink、Quanta Cloud Technology, QCT 、Edgecore Networks、Ubiik、XROUND、Nexstgo、YOUHUNG、WINNER WAVEなど、製品分野はAI&IoT、eスポーツ&エンターテインメント、ビジネス、ビデオストリーミング、ライフスタイルなど、デジタルビジネス応用のソリューションを含めてあります。但し、年度最大賞(Best Choice of the Year)はCOMPUTEX展示会開会式にで公表及び表彰式を行います。

バーティカル・マーケットIOTの応用が今年BC Award受賞製品の主流であります
今回BC Award審査員長は前台湾経済部部長(経済産業省)現在台湾工業技術研究院(ITRI)兼財団法人台湾情報促進会(III)会長を務めている李世光博士であります。第18回のBC Award 2019は時代の流れ及び消費者のニーズに期待されてAI、ビッグデータIOT技術分野のあゆみによりバイヤーがトータルサービスソリューションを購入することになってきました。BC Awardもハードウェアを中心から段々と応用に重視しています。今年応募した334件製品の内にはAIや情報セキュリティの成長が一番高い、eスポーツ製品や周辺機器及び部品の数が一番多い、決勝戦には90件入選、優勝は35件製品が入選。過去と比較すれば今年の特徴はトータルソリューションの提供する製品が気になります、いわゆる一つの製品ではありません、個人に、住宅用に、特定した場所のIOT応用及びエンターテインメント化、スマート化そして安全性関連商品のニーズが高まります。

BC Award嚴選された35件の製品はハードウェア・ソフトウェアの統合、機能の実現能力が勝負の鍵である
主催者により、産官学専門家及びメディア審査委員会厳しいの審査結果に35件の受賞製品が決めました(全部は36個の賞がありますがその中一個の製品は2個の賞を取りました)。まだ、その中8件素晴らしい製品を金獎(Golden Award)を与えます。
海外企業や中小企業に革新やマーケティング販売勝ち目商品には審査委員特別賞(Jury's Special Award)を与えます。そしてICT業界にID設計を重視させるに最優秀設計賞(Best Design Award)を設けてあります、これは設計専門家を組織した審査委員に製品ID設計を中心とした賞であります。

審査委員会により、消費市場やバーティカル市場共に、使用者が商品により使用の場や生活中に不便な問題を解決したい、企業は如何にハードウェア・ソフトウェアを統合して、消費者のニーズを掴み、解決策を製品にするのが審査委員会注目のキーワードである。例とすれば、eスポーツ製品が使用者に使用空間問題を解決に小型化した製品を設計した、ソフトウェアとの統合、さらにゲームタイトルの差別解消法AIを使用してゲーム対応調節機能の提案、使用者に複雑な設置問題を改善、ブランドの信頼性を構築。

COMPUTEX (台北国際コンピュータショー)は、5月28日から6月1日まで台北で開催されます。 AI(人工知能)、IoT(Internet of Things)、eスポーツ&XR、全世界ICT製品のベストパートナーでああります。BC Award記者会見にで同時にCOMPUTEX 2019展示会の見どころを説明する、TCAの杜総幹事により、今年COMPUTEX (台北国際コンピュータショー)は1,685社出展5,508個小間を使用した、世界のデジタルトランスフォーメーションに応じた5G、AI(人工知能)、IoT(Internet of Things)、eスポーツ&XR、スマートリテール、ブロックチェーンなど6つの技術をテーマにして、さらに創業者支援のInnoVEX、IOTスマートソリューションを提案するのSmarTEXエリアが展示会の中核であります。

今年の革新応用製品がたくさんあります、例えデジタル創作者ためのCreator PC、Intel第九代CUP及びNVIDIA GTX20シリーズビデオカード組み合わせの小型eスポーツコンピューター、ビデオストリーム配信の小型放送設備、8K解析度エンコーダーのチップセット、Fire Shield SSD、AI機能込みの工業用PC、電信ネットワーク用仮想化サーバー、高齢者介護用AI生理情報検測技術、ブロックチェーンを用いた知的財産管理、無人機のB2B2Cレンタルサービスなど、ICT産業に続々とアイデアが浮かべて、COMPUTEX及びInnoVEXに輝いてます。国際バイヤーや販売代理店を集めました、そして、ベンチャーキャピタルやスタートアップ企業との提携、COMPUTEX & InnoVEXは最良なビジネス商談の場を提供しております。

第四回になりInnoVEX展示会は国際来場者に認められて、展示規模が拡張してきます、今年は信義世界貿易センター1号館に移転して「New Thinking‧New Engineering‧New Future」を主題に旗を揚げて、24ケ国からのスタートアップ467企業の参加、海外から出展チームが四割以上を占める、ピッチコンテスト賞金総額が42万米ドルに達した、コンテスト参加者19ケ国143チームに上り五割以上、会期中のフォーラムに40数名国際専門家の基調講演を行い、例えArm、Qualcomm などの大手企業もIoTやAIについて創業者への支援や応用情報を共有します。

台湾経済部中小企業処―InnoVEX展示会に創世記パビリオンを設置

台湾経済部中小企業処は台湾産業のトランスフォーメーションを応援するために、創業関連リソースを集めて、展示会に最大規模の100小間を使用「創世記パビリオン」を設置しました。国際イノベーション集落ー林口スタートアップ園(Startup Terrace)に入居したアクセレレータや企業、育成機関やチーム、InnoNEXT-青年CEOなど153組スタートアップパートナーがIOTやスマート化分野の革新について出展しています。InnoVEXをプラドフォームとして国際との繋がり投資や交流商談の場を活用しています。
また、台湾経済部中小企業処は国際イノベーション創業者に入居のメリットや減税措置をPRします。

《Best Choice Awardについて》
2002年からBest Choice Awardは常に賞の名の精神を持ち、国際バイヤーに最良な仕入選択肢を提供致します。公平、客観のために審査委員会の委員たちは政府機関、学術界、研究機構、メディアから成り立っています、審査は製品のユニークな設計、商品の革新そして市場へ販売の推測により最良な商品を選びます。

Best Choice Award公式ウェブサイト:
https://bcaward.computex.biz/

《COMPUTEX TAIPEIについて》
COMPUTEX TAIPEIは、台北市コンピュータ同業協会 Stan Shih理事長によって設立され、名付けました。1985年にTAITRAを招き、共同主催しました。 InnoVEXは、2016年に両協会によって開催する新展示会です。

コメントを投稿