2021/05/13

台湾の電子産業は電気自動車の大航海時代が到来と旗を揚げた

 台湾の電子機器OEM / DOM大手メーカーであるPegatronの会長である童子賢氏は、4月21日に台湾の主要な銀行業界が主催した2021年グランドマスターフォーラムに「新経済、新機会、新挑戦」にでスピーカーとして出席、テーマは:「デジタル化経済に向けて、企業は変革するかしないか」について講演した。

 童子賢氏は、まずは定義すること、「企業」の英語は「Enterprise」、この文字は、風に乗て波を乗り越えて、冒険者たちが困難と戦うをすることを意味する。
 この精神は、現代の企業の経営から言えば。つまり、社会は多くの資金、技術、人材を会社に預けて、運営して貰う。まさに、15世紀に発足の大航海時代のように。国が資源を冒険家に渡し、海へ挑むのことだ。

 童子賢氏は、「最近の一年は”大航海時代”と言う名詞で電気自動車産業を例えば、相応しいと思う。「デジタル経済時代には、大航海時代と同様に先駆者の精神と勇気が必要であり、また、競争も同じに激しいしだ、当時のポルトガルとスペインが海を挑戦し、偉大なる国の領域や生活空間をゲットした。」と述べた。

 童子賢氏の説明により、過去の燃料車輌時代には、台湾の関連産業が「隅に置いた」まま。但し、時代が電気自動車に向かって進むにつれて、台湾電子産業が40年間に蓄積したコンピュータ及び周辺機器、ネットワーク通信、車輌用電子デバイス、自動車関連部品、半導体、及び電機制御ボードの生産開発技術の実力により、電気自動車の分野に取り掛かることができた。これは台湾ICT産業の強みを発揮できる。
これを機にして、電気自動車領域の中核に参入する機会があった。しかし、大航海時代の冒険と同様に、「電気自動車は台湾として、大航海時代のチャンスと言えるが、勝つの理由ではない」だ、と述べた。

 市場から見れば、いま世界の自動車産業の生産額は約4兆米ドルであり、およそ半導体の8倍、携帯電話の7倍である。今後まだ生産額は増え続け、将来的には6兆米ドルに成長するだろう、現在の段階と概算すればやく50%成長空間がある。
 このような生産額が高成長と言う範囲は、電気自動車だけでなく、従来の燃料車の電子化によりもたらしもの。

 電気自動車は、従来の燃料車の問題を克服することができるし。また、車輌の設計は空気抵抗を改善できるし、高トルクが出やすい、および2.8秒で時速100マイルの速度の表現が備えている。電気自動車のシャーシ構造はクリーンで。また、空気により熱対策が必要ないため、エネルギー効率が向上した。

 もう一つ技術の変革が電気自動車業界に期待されたもの、それは、全固体電池であり、童子賢氏によると、全固体電池の開発が成功すれば、一回の充電に、数千マイルも走行できるなら、また、電気自動車のコスト及び重さが大幅に削減できだら、従来の燃料車を完全に打ち負かすことができる。

 童子賢氏は、しかし、いかなる投資にはリスクもあると警告した。人類の歴史を見ると、1637年のチューリップバブル、1720年のイギリスの南海バブル事件、フランスのミシシッピバブルの3つの重大なバブルがあり。新興産業には無限のチャンスがあるだが、そのようなリスクもあるかもしれない。と述べた。

コメントを投稿