2021/12/14

無農薬で害虫を防ぐデジタルツインシステムソリューション【AI & loT農業】

製品名:AgriTalk Green and Smart Agricultural Digital Twin Solution
    無農薬で害虫を防ぐデジタルツインシステムソリューション
    AgriTalk無毒智慧科技農業Digital Twin系統方案
大学名:National Yang Ming Chiao Tung University. 
    国立陽明交通大学  陳文亮教授チーム
■分類:AI & loT/農業
製品紹介:
■特徴 
1.高い互換性とシリアル接続機能を備えたAgriTalkプラットフォーム:
 Agricultural Translation Instituteが開発したシステムAgriTalkは、モニタリング端末、AI分析・学習端末、農民体験入力端末、意思決定管理端末をコア技術としてリンクできるプラットフォームを提供。農業に関するあらゆる知識を統合し、科学的かつ技術的にも効率の良い方法で農地を管理するためのものである。
2. 予防的農業を実現
 転移学習を活用して、従来の機械学習がAIトレーニングに関連する大量のデータを収集するために必要なボトルネックとなっていたポイントを突破し、予防的農業を実現する。時系列データを収集した後、チームは転移学習を使用して一般モデルを調整し、特定の分野における微生物相予測のためのAIシステムを迅速に確立。土壌微生物叢の生態学的変化を把握し、農家が現状をより明確に把握できるようにする。施肥の最終的な決定には、将来の微生物叢土壌細菌の健康を確保するために栄養を与え、作物が十分な栄養素を吸収できるように配慮。
 さらに、天気予報データを通じて、害虫の発生時期を推測。農地の害虫や病気の予測と予防策を提供する。これは、画像の識別による予測よりも効果的で早期の警告を実現した。Nongyiは予測モデルを確立する過程で、生物学的実験によって生成された害虫や病気の成長モデルメカニズムを独占的にインポートし、確立された予測モデルをより正確にする独自の特徴抽出モデルを作成した。
3.無毒の害虫抑制剤の開発:
 Agricultural Translation Instituteによって開発された農業害虫バイオ阻害剤は、5000種以上のクモ毒タンパク質から特定の種類の毒タンパク質をスクリーニングすることによって作られている。同時に、病気の抑制剤は、自然環境における動植物の自己防衛機能についてスクリーニングされるタンパク質で、その特徴は次のとおり。ミツバチなどの益虫に無害であり、哺乳類にも無害であり、害虫にのみ非常に特異的に反応する、そして環境にも優しい。
---
■解説 
 AgriTalkテクノロジースマート農業システムは、農地IoT監視システムの3つの側面、農業A.I.と農業製剤の処方を組み合わせたものである。その中で、農業A.I.には、土壌微生物相と肥沃度の予測、病気の予測、害虫の予測を含む3つの予測システムが含まれている。
 AgriTalkプラットフォームは、農地生産作物の品質管理を効果的に管理し、AIシステムを使用して、早期予防を達成するための農場管理の意思決定提案を提供し、対応する農業処方を提供する。早期警告の問題だけでなく、フレンドリーなソリューションを提供。トータルバランスの取れた無毒スマートテクノロジー農業システムソリューションである。

ウェブサイトはこちらから

コメントを投稿