2021/10/29

使っていない電気器具の待機電力をAIが制御するシステム【環境/エネルギー】

製品名:Smart Energy-Saving Control System
    使っていない電気器具の待機電力をAIが制御するシステム
    智慧節能控制系統
大学名:Tunghai University(THU)
    東海大学 蔡坤霖教授研究室
■分類:環境/エネルギー
製品紹介:
■特徴
 ユーザーの生活習慣を AI で解析し、電気消費を予測。使わない時間帯の電気器具の待機電力をカットする。一般家庭用電化製品の待機電力を制御することで省エネを目指し、ユーザー自身が家庭用電化製品の消費電力を自動的に管理するためのソリューションである。
 手動及び自動と組み合わせて制御し、より高い節電効果を目指す。省エネと利便性向上の最適なバランスと効果を実現する。
---
■解説
 このスマート省エネ制御システムは主に家庭内のすべてのスマートソケットデバイスを制御する。
 さまざまな制御モードに応じて、ひとつはシステムによってアクティブに制御されるスマート自動制御と、もうひとつはユーザーが操作する手動制御に分けることができる。システムの内部構造には、制御ブロック、メモリブロック、学習ブロックの 3 つの主要なブロックで構成されている。
 制御ブロックには、スマート制御モードと手動制御モードがあり、省エネ制御システム全体の中核。主に、さまざまな条件に応じて正しい制御信号を出力する。学習ブロックでは効果的なエネルギーを提供するためのユーザーの習慣を学習して記録し、制御に役立てる。メモリブロックでは各スマートソケットの動作情報を記録し、さらに学習ブロックの出力を記憶するために使用される。
 このシステムが提供する機能は、主にスマートソケットの電源時間を調整することである。
 スマートラーニングの過程でユーザーがソケット内の電気器具を使用する必要がないと判断された場合、スマートソケットを停止し、アプライアンスのスタンバイをオフにする。消費電力を節約することが目的。
参考資料:

COMPUTEX CONSUMER ELECTRONIC ACCESSORIESはこちら:

コメントを投稿