2021/11/04

複雑な建築構造を扱う構造解析の手法【ソフトウェア/建築分析】

製品名:Analysis Method, Computer Product and Device for Discontinuous Structure
    複雑な建築構造を扱う構造解析の手法
    結構體解析方法、電腦程式產品與裝置
大学名:National Central University  (NCU)
    中央大学 李姿瑩教授チーム
■分類:土木工学
製品紹介:
■特徴
 現在、市販されている市販の構造解析ソフトウェアは、複雑な構造を処理する際に行列計算を行うために多くの計算時間を必要とする。これは商用ソフトウェアによって制限され、ユーザーがさまざまな要素や解析方法を追加したい場合、難易度は非常に高くなくなる。
 本分析プログラムは、高度に非線形または複雑な構造を扱う場合、行列演算を必要とせず、計算効率が高く、非常に手堅い。この計算プログラムは、高い互換性と高い自由度を備えており、さまざまな線形または非線形要素を追加したり、高度に非線形な解析方法を多数追加したりできる。
 実用的な設計に非常に適していて、大きな構造が正確に解析可能。極端なダイナミクスまたは高度に非線形で不連続な構造破壊および崩壊挙動において、エンジニアリング界における構造動的解析の長年の問題を解決する。
---
■解説
 本分析プログラムは、主に以下の処理がコンピュータによって実行されることを特徴とする構造解析方法である。不連続非線形構造に対して有限要素解析に基づく時空間離散制御モデルが確立され、時空間離散制御モデルは以下を含む。現在のタイムステップなど。有効な節点セカント減衰の数と同等のものである。
 ノードセカント剛性画像番号;コンピュータを介して、前のタイムステップでの既知のパラメータから、同等のノードセカント剛性画像番号と同等のノードセカント剛性画像番号を送信および計算し、セカント減衰画像番号の傾きとを繰り返し計算する。
 収束するまでのセカント剛性画像番号の勾配;収束後のセカント減衰数の勾配と収束後のセカント剛性画像番号の勾配を使用して、同等のノードセカント減衰数と同等のノードセカント剛性数をそれぞれ、次のタイムステップの初期係数として置き換える。

コメントを投稿