2021/12/21

睡眠時無呼吸を検出するための舌のインプラントデバイス【ヘルスケア】

製品名:implant for base of tongue
    睡眠時無呼吸を検出するための舌のインプラントデバイス
    智慧舌根植入裝置
大学名:China Medical University
    中国医薬大学 陳光超教授チーム/鄒永恩,許修三
■分類:ヘルスケア
製品紹介:
■特徴
2D / 3D C アーム画像、ロボットの誘導とサポート、高い測位精度などに適用が可能。
AR、呼吸変位補正、CT / C アーム融合画像ナビゲーションを統合。
2D/3D C-arm image compatible, robotic navigation and support, high positioning accuracy.
Integration of AR, respiratory displacement compensation, navigation by CT/C-arm image fusion.
---
■解説 
 脊椎手術では、手術中に C アーム X 線画像を繰り返し撮影して、手術器具が正しい脊椎の向きになっていることを確認する必要がある。これによって外科医と患者に高い放射線被曝リスクが生じる。
 この脊椎手術用の C アーム画像支援ロボットナビゲーションシステムは、前後および横(AP / LA)方向に 2 つの C アーム画像または 3DC アーム画像を撮影することで正確にガイドが可能。
 器具は医師が計画した目標方向に配置され、医療スタッフや患者の放射線被曝を大幅に低減し、医師による手術器具のフリーハンド操作の不安定性や逸脱を回避し、高精度の手術結果を実現する。
 Spine surgery highly relies on mass C-arm X-ray images to ensure that surgical tools are positioned at right positions, which leads to high risk of radiation exposure of the medical personnel and patient.
 The developed C-arm image assisted robotic navigation system for spine surgery uses only two C-arm AP/LA images or 3D C-arm images to accurately position surgical tools onto the planned surgical paths and thus it not only reduces the risk of mass radiation exposure but also avoids unstable manual positioning of surgical tools and improves surgical quality.

コメントを投稿