2021/12/16

仮想マシンクラスタのグリーンエネルギー管理手法【ICT】

製品名:Method for managing green power of a virtual machine cluster
    仮想マシンクラスタのグリーンエネルギー管理手法
    虛擬機叢集之綠能管理方法
大学名:Tunghai University (THU)
    東海大学 楊朝棟 教授研修室
■分類:ICT
製品紹介:
■特徴
 仮想マシンクラスターの合計使用済みリソースの重み比を使用して、物理マシンの操作を増やすかシャットダウンするかを決定するグリーンエネルギー管理方法。
 総使用リソース重量比が最大許容リソース重量比よりも高い場合は、稼働していない物理マシンから予備の物理マシンを選択し、ウェイクアップして稼働中の物理マシンにする。さらに、リソースの総使用量の重み比が最小クリティカルリソースの重み比よりも低い場合は、稼働中の物理マシンから移行する物理マシンを選択し、仮想マシンを稼働中の他の物理マシンに移行してからシャットダウンする。
 リソース分散プログラムを実行して、稼働中の物理マシンの負荷を分散。したがって、稼働中の物理マシンの数を柔軟にスケジュールして、グリーンエネルギー管理の目標を達成できる。
 A green energy management method that uses the weight ratio of the total used resources of the virtual machine cluster to determine whether to increase or shut down the operation of physical machines. When the total used resource weight ratio is higher than the maximum allowable resource weight ratio, select a spare physical machine from the physical machines that are not in operation, and wake it up to become the physical machine in operation. 
 In addition, when the total use of resources weight ratio is lower than the minimum critical resource weight ratio, select a physical machine to migrate from the physical machines in operation, and migrate the virtual machine to other physical machines in operation, then shut down, and execute a resource Distributing program to distribute the load of physical machines in operation. Therefore, the number of physical machines in operation can be flexibly scheduled to achieve the goal of green energy management.
---
■解説
 グリーン電力を管理する方法は、仮想マシンクラスターの総占有リソース重量比を使用して、実行する物理マシンの数を決定するか、シャットダウンするかを決定する。実行されていない物理マシンのスタンバイ物理マシンが選出され、実行中の物理マシンの 1 つとして参加するためにウェイクアップされる。
 実行中の物理マシンの 1 つが移行物理マシンとして選出され、その中の仮想マシンが他の実行中の物理マシンに移動されてからシャットオフされる。リソース割り当てプロセスは、実行中の物理マシンの合計数を柔軟にディスパッチしてグリーン電力管理の目的を達成できるように、実行中の物理マシンの負荷を分散するために実行される。

コメントを投稿