2022/01/05

インタラクティブな呼吸ガイダンスおよび警報システム【ヘルスケア】

製品名:Interactive Breath Guidance and Alarming System
    インタラクティブな呼吸ガイダンスおよび警報システム
    互動式呼吸引導及預警系統
大学名:Taipei Medical University (TMU)
    台北医学大学 曽建華助教授 / 胸腔内科医 
■分類:遠隔医療
製品紹介:
■特徴 
 この技術は遠隔呼吸リハビリテーションケアを患者が自宅で行うことを可能にした。自己健康管理を実現させたシステムである。このシステムには3つの特徴がある。
 第一の特徴は、病気の早期警告を達成するために毎日の在宅で呼吸機能検査を実施すること。第二の特徴として、この自動フィードバックアパーチャバルブの設計は呼吸リハビリテーションに最適な正の呼気圧(PEP)を提供し、スマート薬剤師APPはユーザーが呼吸運動を行うのに役立つ。第三の特徴は、双方向フローセンサーモジュールとAPPによる吸入薬の電子モニタリングで、ユーザーが吸入プロセスをガイドするのに役立つ。
 このテクノロジーは、世界初のインタラクティブな呼吸誘導および警報システムである。開口部の設計は、正の呼気圧(PEP)と圧力差流の計算。さらに呼吸機能検査、呼吸リハビリテーション、吸入器使用の監視など3つの主要な機能を統合した。
 開発チームは政府のプロジェクトの一環として呼吸リハビリテーションの臨床試験を実施した。被験者は合計で952人。呼吸リハビリテーションの期間中、呼吸器症状の急性増悪率を30%以上減らすことができた。
 この技術は呼吸リハビリテーションケアに適用して、COPDに関連する呼吸器症状の急性悪化のリスクを軽減することができる。
また、呼吸器症状の急性悪化を軽減することにより、年間147億米ドルの医療費を大幅に削減した。遠隔呼吸リハビリテーションケアは15億米ドルの経済価値を創出した推定された。この技術により、新しい在宅呼吸機能検査、インタラクティブな呼吸リハビリテーションケアモデル及び新しい吸入薬物使用モードを可能にした。

Introduction
The technology provides a new experience for remote respiratory rehabilitation care, and let patients realize self-health management at home. The system has three characteristics: First, daily home pulmonary function tests to achieve early warning of disease. Second, the design of automatic feedback aperture valve provides the best positive expiratory pressure (PEP)for pulmonary rehabilitation, and APP helps user to do breathing exercise. Third, electronic monitoring of inhaled medications with a two-way flowsensor module, and APP helps user to guide the inhalation process.

The technology is the world’s first interactive breath guidance and alarming system. The aperture design provides positive expiratory pressure (PEP) and calculation of pressure difference flow. The system integrates three major functions: pulmonary function tests, pulmonary rehabilitation and monitoring inhaler use. In the government’s plan, we conducted a clinical trial with pulmonary rehabilitation (952 participants), the acute exacerbation rate of respiratory symptoms can be reduced by more than 30%while using our pulmonary rehabilitation technology.

The technology can be applied to respiratory rehabilitation care to reduce the risk of an acute worsening of respiratory symptoms associated in COPD. It is estimated that the system will significantly reduce the annual medical expenditure of USD$ 14.7 billion due to reducing acute worsening of respiratory symptoms and create USD$ 1.5 billion in remote respiratory rehabilitation care output value. The technology creates a new home pulmonary function test, an interactive pulmonary rehabilitation care model and a new inhaled drug use mode.

コメントを投稿