2022/11/09

【EdgeTech+AWARD 2022 】IoT Technology 優秀賞が台湾 KBest Technology

 EdgeTech+ を主催する組込みシステム技術協会は、組込み業界の発展と国内産業の競争力向上に寄与する、優れた組込み技術や製品、ソリューション、サービス、IoT技術を発掘し、その成果と功績を国内外に広く顕彰する「EdgeTech+ AWARD」IoTの Technology 優秀賞受賞社が台湾 KBest Technology Inc.の消防士の安全管理システムに授与されました。
 消防士の安全管理システムは高層ビル、大型商業施設対応、30人の同時位置計測が可能
 Super TaiRa方式およびBLE(Bluetooth Low Energy)の無線通信機能、9軸のジャイロセンサー、動画および静止画の撮影機能と送信機能、生体反応探知機能、空気ボンベ残圧監視機能、SOS発信機能を組込んだ消防士向け安全管理システム。ビルなら地下4階から地上40階まで、地中なら3mまでの位置情報を把握することができる。
 GPSは用いていない。台湾の消防局で実証実験済みで、30人までの消防士の位置を同時に追跡できるという。無線通信に使うSuper TaiRa方式は台湾で開発されたLPWA規格。LoRa方式に比べて誤り率とフェージングロスの低減、電波感度と耐雑音性の向上を図った。
 審査委員会は、火災現場というヘビーデューティーな環境下での利用にもかかわらず高い安全性を実現している点や、間違いなく存在する社会的なニーズに的確に応えている点を高く評価した。ビルの火災現場ほど使用環境が厳しくないアプリケーションへの横展開に注目する意見も出た。
是非パシフィコ横浜展示会場にEdgeTech+  2022展示会にでご覧ください。

コメントを投稿