Digital Molecularスピーディなウイルス検査キット【Healthcare 】

製品名:Saliva based Molecular Diagnostic
    スピーディなウイルス検査キット
    Covid-19唾液快篩方案
企業名:Digital Molecular Diagnostic.(Israel) 
製品紹介:
 NAORはウイルス検査キットで、実験室や専門の人材がない空港・学校・職場などでも簡単かつ迅速(40分程度)に検査が可能である(家庭への導入も難しくないとのこと)。現在はCOVID-19向けが注目されているが、原理的には他のウイルスや菌などの検査も可能である。
  ウイルスは光学顕微鏡では見えず、試薬などで遺伝子を検出しようにも、少量では検出不可能なので、まずウイルス内の遺伝子を複製して検出可能な量にまで増やす必要がある。ここに装置や時間が必要となる。
  NAORで採用されているRT-LAMP法、またその元となったLAMP法は日本の栄研化学が開発した遺伝子増幅法であり、通常のPCR法と比べるとより簡単かつ迅速に増幅が可能である。ちなみに栄研化学は1939年(昭和14年)設立の臨床検査薬や検査装置の老舗である。
  もちろん研究室で使う増幅方法とそれをまとめて製品に落とし込むのとではまた違った困難さがあると思われるが、世界的な課題に日本の技術が活用されているのは日本人としてはうれしく思う。
  またヘルスケアやバイオテックは他の分野のスタートアップと比べると専門分野の動向などについても詳細に知らないとその革新性の判断が難しく、今までのようにスタートアップと一括りにして評価することの難しさを感じた。スタートアップも非常に多様化している。

≫製品のビデオクリップはこちら
≫公式ウェブサイトはこちらから