Charco竹炭由来の果実保護劑【FoodTech】

製品名:shelf-life enhancement of produces
    竹炭由来の果実保護劑
    炭奈米粉的複合性天然蔬果延熟劑FSEC4(植物保護製劑)
企業名:Charco Science Co., Ltd.
    恰口科研企業
製品紹介:
 ナノ竹炭パウダーと植物由来の抽出物で生成した保護液を果実に噴霧することで果実表面に保護膜を作る。農薬を使わず、病害虫を防ぐ、運送中の果実が劣するのを軽減するなどの効果があるとのことである。マンゴーやイチゴなどの果物や野菜での試験を繰り返しており、効果は上々とのことである。
  面白いのは創業者は竹炭などの材料の研究はしていたが、農業に関しては全く素人の段階から取り組み始めたところである。また噴霧すれば良く、農民から見ても試しやすいソリューションにしたところは、工業も農業も盛んで現実的なソリューションを求める台湾らしいスタートアップと言える。
 Charcoは2018年に台南にて設立。炭素材料の表面改質技術に基づいて、収穫前の保護、収穫後の農産物の貯蔵寿命の向上、さらに  IoTシステムによるさまざまな分野で農業関連技術の還発を目指して設立された。
 Charcoのビジョンは、農業サプライチェーンが遭遇する問題を解決し、持続可能な農業を実現するための環境に優しいソリューション を提案する。
これまで2年間にも及ぶフィールドでの実証実験によって、評価及び具体的な検証を実施。Charcoの製品は5ヘクタール以上の土地を 有する複数の地域で果物や野菜の病気の種類を克服。農家の収量アップ、生産性の向上、利益向上などを実現させてきた。

≫製品のビデオクリップはこちら
≫公式ウェブサイトはこちらから