Hyson IoTと養殖漁業の融合【FoodTech IoT】

製品名:FarmABetterFish Aquaculture Automatic System
    IoTと養殖漁業の融合
    海盛養好魚水產養殖育成管理系統
企業名:Hyson Technology Inc.
    海盛科技有限公司
製品紹介:
 写真のカメラは養殖池の中に設置することで魚の状況をチェックする。水はかなり不透明であり、水により見え方も歪む事もあると思うが、それをAIで分析することで養殖池の状況をリアルタイムで把握できるようにしている。
こういったデータをもとにAIで分析し、養殖現場の効率化・自動化・省力化や生産量や品質の向上を行っている、養殖漁業・IoT・AIを融合しているスタートアップである。
 こちらも面白いのは創業者が漁業に全く縁がなかったことである。台湾の漁民と一緒に地道に開発を行ってきた苦労も含めて、なかなか興味深いスタートアップである。
 HysonTechはソフトウェア+ハードウエアを統合したソリューションを提供する。ハイソンテックは農林水産・畜産業などにおいて包括的な技術ソリューションを提供。「FarmABetterFish」とは水産養殖業者向けの自動養殖システムである。水産養殖を可視化、作業の測定及び制御を可能とし、また作業者の在庫の管理など、低リスクで生産拡大を目指すソリューションである。
 当社のシステムは、最先端のAI及びIoT技術をオンサイトの運用機器と統合。水産養殖のルーティンジョブを自動化して運用リスクを軽減、同時に環境にやさしい方法で生産性を向上を目指すものである。ハイソンテックは、水産養殖ビジネスをより作業の軽減と効率化に貢献する。

≫製品のビデオクリップはこちら
≫公式ウェブサイトはこちらから